ICTで建設現場を考える

建設現場における生産性を向上させ、魅力ある建設現場を目指す新しい取組みを
「i-construction(アイ・コンストラクション)」と呼んでいます。
弊社では、働き方改革に向けた取り組みとして、
新社屋建設における測量・設計・施工・検査の各プロセスにおいて、
ICT技術を活用し、魅力ある建設現場のカタチを実現していきます。

「測量」「設計・施工計画」「施工」「検査」
全プロセスを3次元データでつなぐことで、高精度・高効率を実現!

工程

STEP.1

3次元測量

3Dレーザースキャナーやドローン等を用いて測量を行い、現状の測量データを3Dで取得します。
従来、高精度なデータを取得するためには各地点での測量を実施し集積を行っていたため、測量時に時間や手間、コストがかかっていましたが、レーザースキャナーやドローンで面として計測することにより、短時間で高密度な測量を行うことができます。

3次元測量

STEP.2

設計・施工計画

専用ソフトウェアを使用し、出来形管理やICT施工時のマシンコントロール/マシンガイダンスで使用する3次元設計データを作成します。
また、これらのデータは土量算出等の現場で必要な資材等の情報共有や現場計画にも使用することができます。

設計・施工計画

STEP.2

設計・施工計画

専用ソフトウェアを使用し、出来形管理やICT施工時のマシンコントロール/マシンガイダンスで使用する3次元設計データを作成します。
また、これらのデータは土量算出等の現場で必要な資材等の情報共有や現場計画にも使用することができます。

STEP.3

ICT施工

3次元設計データを活用し、ICT建設機械を自動制御しながら施工を行います。
そのため、熟練の技術者でなくても、高精度な施工を行うことができます。

ICT施工

STEP.4

検査

完了時の出来形測定も起工測量と同様に測量を行い計測します。
計測によって得られたデータと3次元設計データを比較し、出来形の評価を行います。
3次元データを活用することにより検査の省力化にもつながります。

検査

STEP.4

検査

完了時の出来形測定も起工測量と同様に測量を行い計測します。
計測によって得られたデータと3次元設計データを比較し、出来形の評価を行います。
3次元データを活用することにより検査の省力化にもつながります。

アイコンストラクションとは

i-Construction(アイ・コンストラクション)※とは、測量・設計から施工、さらに管理にいたる全プロセスにおいてICT技術を導入し、建設現場の生産性向上と魅力ある建設現場を実現化する取り組みの事です。
※i-Constructionは、国土技術政策総合研究所の登録商標です。

i-Construction(アイ・コンストラクション)の目指すもの

一人一人の生産性の
向上による企業の
経営環境の改善

建設現場に
携わる人の
賃金の水準向上

死亡事故ゼロな
安全性の高い
現場の実現